海外で携帯代を抑える上級編!!デュアルSIM搭載のスマホで簡単接続

これまでは初級編・中級編として、自分のスマホの他に機器を用意しなけれはならない方法を紹介してきました。

しかし、今回は上級編として1台のスマホで完結する方法を記していきたいと思います!!

これが、あらゆる方法を試してようやく出会えた僕にとってのベストの方法です!!

↓過去の記事は以下を参照して下さい

もはや最強!!デュアルSIM搭載のスマホ

デュアルSIMスマホとは字のごとくSIMカードが2枚入るスマホの事です。

1枚は通話のみのSIMカード、もう1枚はデータ通信のみと別々の契約も出来ますし、1台のスマホで2つの電話番号も持てたりします。

普段はスロット1のみSIMカードを入れて使用しています

スマホの設定画面です。
2枚入れると他の設定が可能になります。

僕は日本ではドコモのSIMカード1枚を入れて極々普通に利用していますが、海外旅行では空いているスロットに渡航先のSIMカードを入れて現地の通信代でネット利用しています。

この場合、前述したテザリング機能を利用しないので電池の消耗を気にする必要がないばかりか、細かい設定はほぼ皆無なのです。

海外で使用する為には?

僕のスマホでは上のキャプチャ画像でもご覧の通り、スロット1には4G/3G/2Gの通信が対応し、スロット2は3G/2Gだけとなっております。

ですので、海外のSIMカードを購入した際には、スロット1に海外のを、スロット2に普段使っている日本のを、と入れ替えるところから始まります。

でこれで終わりです(笑)

利用出来るまでの設定はカウンターのスタッフがやってくれますので、本当にこちらがやる事はありません。

せいぜいやる事と言ったら、設定画面でデータ通信がスロット1で利用するようになっているか確認するくらいですが、デフォルトではスロット1なのでSIMカードの入れ替えを忘れずにしていたら問題ありません。

他の人のブログを見てみると、スタッフが設定をしてくれない等の記事も見かける事がありますが、僕の経験上ではどの国でも大丈夫でした。

例え、スマホを返された時にネット環境が繋がっていなかったら、もう一度スマホを渡せばきちんとやってくれる事でしょう(笑)

この方法は、前述したスマホ2台の方法が1台に集約されただけですので、電話がかかってきたらそれには出ず、LINE等で繋がっている相手にはネット通話で、それ以外は現地スマホの国際電話(スロット1)でかけ直す、ただこれだけで帰国してからの高額請求はなくなります。

海外で携帯代を抑える方法の終着点です!!

デュアルSIM搭載のスマホ、どんな機種があるのか?

僕はHUAWEI(ファーウェイ)のハイスペックモデルであるMATE9を使用しています。

デュアルSIMで充電もかなり長持ち、カメラも高性能でいう事なしのモデルです!!

僕は店頭で現物を見てからヨドバシ.COMで購入しましたが、今は他にも様々なモデルが存在します。また、格安SIMとのセット販売もしていたりと選択肢は沢山あると思います。

(12月15日追記 次期モデルも出ました)

「デュアルSIMスマホのランキング」

日本で正規に売っていないXperiaやgalaxyなどのデュアルSIMスマホは、以下のサイトで海外から取り寄せる事も出来ます。

エクスパンシス

日本より魅力的な機種がある一方、海外から取り寄せるSIMフリースマホは技適マークがない機種もあるので注意が必要です。
※技適マークとは法的に問題なく日本で使える端末の証です。

Expansysで購入した海外Xperiaタブレットにも、
きちんと技適マークがありました♪

スポンサーリンク

まとめ・どんな人に有効か?

1.海外でも常にネット環境にいたい人
2.通信代だけでなく通話代も節約したい人
3.現地人とのやり取りが苦にならない人
4.1台のスマホでシンプルに済ませたい人
5.人と違ったスマホを持ちたい人

これまで、いくつかの記事で海外で携帯代を節約する方法を記してきましたが、どれも自分の経験からの話です。

僕自身まずはネットで色々調べてから実行しましたが、それ通りに上手くいったりそうでなかったりと一筋縄ではいかない事もありました。

それも含めての海外旅行である気もしますが、ちょっと試してみようかなぁって敷居を低くしたシンプルな記事にしたつもりですので、是非活用して頂けると嬉しいです!!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください