海外で携帯代を抑える中級編!!海外プリペイドSIMでテザリング①

充実して安心感のある海外旅行をするには、今やネット接続が必須になってきました。

しかし、ネックとなるのが高額の通信代。
ここでは、その解消法を①導入②実践の2つの記事で紹介します!!

前回はWi-Fiルーター利用について書いてみましたが、今回は更に通信代を抑える事の出来る一歩先に進んだ方法です!!

海外SIMを利用し、現地の通信機器として利用する

簡単に書くと、スマホのテザリング機能を利用し、現地のスマホから普段使っている日本のスマホに通信を飛ばす方法です。

「テザリング」とは、その機器がアクセスポイントとなり、複数の機器をWi-Fi経由でインターネットに接続できる便利な機能です。

使えるまでの設定や手間が少々かかりますが、機器がWi-Fiルーターからスマホに変わっただけで何ら難しい事はありませんし、僕自身1回覚えてしまってからは色々な国で利用してきました。

何より、使い慣れたスマホを現地のプリペイドSIMの料金でネット利用出来るので、大変お勧めです!!

まずは海外対応のスマホを用意しよう

大手キャリアの日本のスマホは予めSIMロック(契約した会社以外のSIMカードを認識しないようにする機能)がかかっているので、海外SIMを入れても残念ながら使用は出来ません。

ですので、海外で使用するためには店舗でSIMロック解除を有料でやってもらう必要があります。

しかしながら、SIMロック解除したスマホを使って海外SIMで現地の通信を利用出来ても、テザリング機能はプログラムの問題で利用出来ない事になっています。

ですので、今回はテザリング機能ありきの話ですので、SIMフリーのスマホか海外のスマホを手に入れる事から始まります。

僕が手に入れた時は、まだ日本ではSIMフリーのスマホが簡単に手に入る状況ではなっかたので海外から取り寄せましたが、最近ではヨドバシカメラなど路面店で簡単に購入出来るようになりましたね。

ただ、やはり今でも海外から取り寄せるのがベストだと考えています。

それは機種の豊富さです!!

日本で買えるSIMフリーのスマホは、それをメインに使う人を対象としているので、液晶の大きい性能も良いタイプしか売られていません。

僕の海外携帯 SAMSUNG S3mini 日本未発売

テザリング機能さえ利用出来れば良いので、大きい機種は邪魔になるだけだし性能も必要ありません。ですので海外から小さな機種を取り寄せるのがベストなんです!!

ただ機種を選ぶ際に1つ注意したいのが、出来るだけ各国の通信バンドに対応した機種を選ぶこと。iPhoneやgalaxyだったら大抵の国で使用可能ですが、念には念を入れてきちんとスペックは調べる必要があります。

エクスパンシス
↑家で使ってるタブレットもここで買いました。スペック表もわかりやすい日本のサイトで商品は香港から届きました。海外機種は余計なアプリが入ってないのでお勧めです(笑)

次にプリペイドSIMの購入 間違いないのは現地空港

プリペイドSIMの購入は何通りかありますが、一番のお勧めは現地の空港です。

何故かと言うと、現地での購入が一番安いですし、SIMの取り付けやアクティベーション(使用できるまでの設定)など全てやってもらえるからです。

これはタイのプリペイドSIM 電話番号も付いてます

ほとんどの国際空港にはプリペイドSIMを売っているカウンターがありますので、入国したらまずはカウンターを探しましょう。

たいていはゲート回りにレンタカーや旅行業者のカウンターと一緒に「PREPAID SIM」とか「TRAVELERS SIM」などの表記がありますので、すぐに見付かると思います。

不安なら前もって場所を調べていくのも有りですね、いくらでもヒットします!!

言葉に自身なくても、カウンターに料金表があるので大丈夫です。滞在日数に見合うプランを選択してスマホを渡せば、あとは勝手にやってくれます!!

でも、スマホを受け取ったらその場できちんとネットが接続しているか確認して下さいね(笑)

ここまでは「導入編」でした、次の記事ではテザリング設定の仕方等「実践編」を書いていきます!!

エクスパンシス

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください