高レートで外貨の両替!!外貨両替マネーバンクで中国人民元に両替してみた

来月、中国に1週間ほど行きます!!

いつもは、外貨を搭乗前に空港で1万円分を両替して、あとは現地で必要に応じて数万円というのを基本スタイルにしていますが、これはカードメインだからこその方法。

しかし今回の中国はあまり勝手が知らない国なので、今回はカードではなく現金主体でいこうと思い、両替について色々と調べてみました!!

まとまった現金を両替するのだから、少しでもレートが良いに越したことはない!!

中国元への両替は、

■日本の空港
■中国の空港
■中国の銀行や両替所
■現地の旅行会社手配
■外貨宅配サービス

などがあげられますが、レートは様々。

一番レートの悪い日本の空港だと18.95。
10万円分を両替すると5277元になります。

羽田空港にわざわざ行きました(笑)

個人ツアーをお願いしている現地の旅行会社に聞いてみたら、レートは17.8でした。
10万円分を両替すると5617元になります。

(旅行会社の回答)
※日本円てのお支払いやこ両替も受け付けております,当日の中国銀行の為替レートての換算(交換)を行っています。

付注:
「现汇买入价」はトラヘラースチエックての外貨から人民元の両替レートてす。 「现钞买入价」は現金(紙幣)ての外貨から人民元の両替レートてす。 ※当日の「现钞买入价」(現金ての外貨から人民元)の両替レートて換算を行います。今日の為替レートによって1人民元は17.8日本円に当たるそうです

中国では銀行等は両替に手数料が結構かかるそうなので、為替レートによって算出するこの旅行社は恐らく銀行等よりレートが良いと思います。

日本の空港と比べると約350元の差、日本円にすると6000円近く浮くことになります!!

しかし、現地で両替するよりも、もっとレートが良いのが外貨宅配サービスでした!!

↓参考にしたのはこちらのブログ

 サバイブ|日本一わかりやすいお金のメディア参考にどうぞ 
人民元の両替手数料を比較する男|一番お得な両替方法
https://www.survive-m.com/gaika/cny.html
中国へ旅行や出張に行く際のお金はどうやって両替したらいいのでしょうか? 日本?中国?銀行?両替屋?全部まとめて比較してみました!

外貨両替マネーバンクのレートは凄かった!!

外貨両替マネーバンクは、銀行や空港で両替するよりもお得なレートで両替出来る上に、自宅への発送や空港での受け取りも可能です。

店舗も六本木で近くでしたし時間もあるので、僕は安心の来店取引にしました!!

中国元を含めて17種類の取引が可能

ちなみにレートは一番良い17.12です。10万円分を両替すると5841元になります。

ただし、7万円以上の取引しか出来ません。

実際に外貨両替マネーバンクの店舗に行ってみた

来店の予約は15分おきに設定してるそうで、土曜の昼に電話したら週末は予約でいっぱい、、月曜に仕事の合間に行ってきました。

場所は六本木グランドハイアットの目の前、とても分かりやすい所にあります!!

写真の真ん中のビル、
第二谷澤ビルの5Fに店舗が入っています。
1Fはテラスのあるレストラン

ビルの入口

昭和懐かしのエレベーター
久々に丸いボタンを押しました(笑)

店舗入口

清潔感のある店舗内部

予約の時に取引数量を伝えてあるので、受付では身分証のコピーと紙幣の枚数を数えるだけ。予約時点でのレートが適用されます。

とても迅速に、すんなり両替完了です!!

スポンサーリンク

まとめ

今回5800元を両替し10万円でお釣りがきました。

10万全額を空港で両替する事はまずありませんが、最大で550元近く節約出来た事になります。

日本円にすると9000円以上ですので、レートによって1割近く差があるという事。

この差はデカいです!!
浮いたお金で何しようか(笑)

人民元以外にも各主要通貨の両替が可能なので、7万以上からの取引とはいえ、レートの良さと両替のしやすやを考えると、また利用してみようと思います!!

次回は送料無料の宅配サービスを利用してみようかな!!

 

「その他の中国関連記事」
・大混雑の北京空港でトランジット!!エアチャイナで国際線から国内線へ乗り継ぐ方法

・シェラトン西安賽瑞城北ホテル(Sheraton Xian North City Hotel) 宿泊記

・利用制限回避!!「中国移動香港」のプリペイドSIMで中国でもGoogleやLINEを利用してみる

・キャッシュ&ポイント利用!!SPGスターウッド W北京(北京長安街W酒店) 宿泊記

・死せる孔明、生ける仲達を走らす!!五丈原・諸葛亮孔明廟で「星落秋風五丈原」に思いを寄せる

・人の少ない世界遺産・万里の長城!!オフシーズンの居庸関長城に行ってきた

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください