ANAアップグレードポイントを使用してプレミアムクラスを利用しよう!!

ANAアップグレードポイントとは前年のプレミアムポイント獲得数によって付与されるポイントで、座席クラスのアップグレードやラウンジ利用に使用出来ます。

ここでは国内線のアップグレードについて、先日札幌に行った際の体験談をもとに記していきます!!


ちなみに、国内線での必要ポイントは一律で、1区間4ポイントになっています。伊丹に行くのも那覇に行くのも同じポイント数なので、目的地が遠ければ遠いほどお得ですね。

国内線のアップグレードは当日空席があったら申し込める

国際線は申込時にアップグレード出来る一方、国内線はカウンターで搭乗手続きの際に空席があった場合のみアップグレード出来ます。

要は、空席がなければいくらポイントを所有していても全くもって意味がないのです。

僕は先日札幌に行く際に利用しましたが、今回はこの記事のために自ら「利用出来る=空席がある」状況を作り出して検証してみました!!

アップグレード出来るには?

結局のところ運次第なのですが、それでもアップグレード出来る可能性を上げる方法として、

①プレミアムクラスの座席数の多い便を予約する
②早くにチェックインをする
③ビジネスマンの多い時間帯を避ける
 
が、僕の考えるポイントです。
それぞれ以下に詳しく記してみます。

①プレミアムクラスの座席数の多い便を予約する

目的地が一緒でもそれぞれの便で使う機種は違ってきます。機種が違うと座席数が変わってきます、プレミアムクラスもしかり。

便数が限られていたり、時間帯に縛りがある場合は仕方ありませんが、そうでなければプレミアムクラスの座席数が多い便を予約した方が、分母が増えるので空席がある可能性は上がります!!

例えば羽田~伊丹は1時間おきにそれぞれ機種が違います
プレミアムクラスも座席数はそれぞれ異なります

上記のように、予約の際には便名の横に機種が記されています。便を決めて先に進むと、その機種のシートマップを見ることが出来ます。

ボーイング787-9 (789)のシートマップ
この機体のプレミアムクラスは18席あります

古くて小さい機種のボーイング737-800 (738)
利用人数の少ない朝一の便とかに使われています

予約確定の前にこのシートマップやプレミアムクラスの残数も見ることが出来るので、これらを参考に予約の便を決めるのが良いでしょう!!

②早くにチェックインをする

チェックインの際に空席があればアップグレード出来るので、時間に余裕があるならば、出来るだけ早くにチェックインしましょう。

その時はきちんと残数がある事を確認する事!!
残数なしだと無駄足になります(笑)

先日札幌に行った日の離陸5時間前の空き状況
これを見て仕事を終える時間を早めました

離陸3時間前、空港に向かっている道中
これはいけると確信しました

上記のように、先日アップグレードした際は、空港に行く前からプレミアムクラスの残数を確認していました。残数も時間も余裕があったので早くに空港に向かいました!!

お陰さまで(^_^)v
離陸2時間前にまずはチェックイン、そのあとランチとお買い物

③ビジネスマンの多い時間帯を避ける

ビジネスマンが移動する8時前後と18時前後は、飛行機自体混みやすいので、この時間帯でのアップグレード出来るチャンスは上記の①と②をもってしても難しいと思います。

ですので、アップグレード目的ならこの時間帯は避けるのが無難です。また、朝一のフライト(とくに6時台)は比較的空いているので狙い目だと思います!!

ちなみに、先日の札幌からの帰りは、19:30の便で16:30にチェックイン。

新千歳空港には温泉があるのでかなり余裕をもって予約しといたのですが、何と残数は1席。他の便は空きはなかったので強運でした(笑)

使えなかったアップグレードポイントは?

以上のことから、アップグレードポイントを有効利用するには、ちょっとした努力が必要です。

使えたらラッキー!!くらいに思ったほうが良いかもしれませんが、是非アップグレードにチャレンジして頂きたいとおもいます!!

ですが、なかなか使いこなせないのも事実。
ANAでは余ったポイントを1ポイント=1000コインに交換出来るキャンペーンをやっていますので、無駄になる事もないので安心です!!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください