引越しを考えている人必見!!家賃をクレジットカード払いにする方法

先日弟とゴルフに行った時の話。

フロントで支払いをしてる弟をふと見たら、その手には見たことがないカードが。

何なのそのカード!?と聞いたら、どうも家賃を払うのに作らされたらしい。

支払いはそのカードではないといけないので、そのままメインカードとして使って嫁がたまにポイントで何かしてるよ~ぐらいの無頓着な弟。

その時初めて家賃をカード払い出来ると知りましたが、帰りの道中、僕の頭の中は「もしもダイナースだったら、、」と自分に当てはめて皮算用。しかも相場の高い地域に住んでる弟の家賃で(笑)

それはともかく、家賃がカード払い出来るとなると相当なポイントが溜まりますが、弟の例もあるし特定のカードじゃないといけないのだろうか、、

いや、実はダイナースやアメックスなど様々なカードで家賃が払える方法があったのです!!

いい部屋ネットの大東建託はクレジットカードで家賃が払えます!!

今や耳に残るあのCMでお馴染みのいい部屋ネットの大東建託は、「2016年管理戸数ランキング903社」で2位の積水ハウスを大幅に引き離しダントツのトップ(92万3624戸)。実は20年連続トップという業界ナンバーワンの会社です。

その大東建託が2014年から毎月の家賃のクレジットカード決済サービスを開始しています。

上記リリースの中で、

お客様の支払い方法の多様化による利便性の向上と、ポイントやマイルの効果的な獲得による顧客満足度の更なる向上が見込まれます。

と謳っている事からも、時代のニーズに合わせ顧客主体の企業努力をしている事に他ありませんし、マイルを貯める者としてこれを利用しない手はありません。

ほとんどのクレジットカードが対応可能

多くの企業が、レオパレス21では「JALカード」でのみ支払い可能というように、クレジットカード決済に縛りを設けている一方(弟のケースも同じだと思います)、大東建託ではほとんどのカードに対応しています。

使えるクレジットカードは、

 ・VISAカード
 ・MasterCard
 ・JCBカード
 ・アメリカン・エキスプレス
 ・ダイナースクラブ

とHPには記載されています。
カード利用者には大変便利なサービスですね!!

ただし、新規申込者のみが対象となるため、以前から入居している方はこのサービスが利用できないのでご注意下さい。

入居時費用もクレジットカード利用可

敷金・礼金や仲介手数料等の初期費用は以前からクレジットカード決済が可能でしたが、分割払い・リボ払いに対応している(ダイナースは不可)ので、何かと支払いの生じる引越し時には心強いサービスです。

最近は供給過多によって、大家さんも敷金・礼金で差を付けないと客付けが難しくはなってきましたが、それでも少なからずかかってくる部分です。

それを3回・6回・12回どれかで分割出来るとなると、その分を他の初期投資に回す事も出来ますし、引越ししたばかりで生活が苦しいなんて事も解消できるのではないでしょうか。

中には最初にドンと払ったほうが家賃の上乗せがなくて良いと考える人もいるでしょうし、まぁものは考えようです(笑)

ネットで物件を探す

僕の住んでる東京23区を試しに検索してみたら、750件ほどヒットしました。

その中で一番高い物件は、驚いた事にわが下町!!
専有面積80㎡以上の物件なので何の参考にもなりませんが(笑)

ぱっと見だいたい8~13万の新しめの物件がメインでしたので、1人暮らしの社会人やマイホーム購入前の家庭が対象となってそうですね。

全ての物件がクレジットカード決済出来る訳ではありませんが、HPには「可能な物件急増中」とあるので、これからが楽しみです!!

スポンサーリンク

家賃のクレジットカード決済で貯まるマイルは…

こればかりは家賃によって変わるので何とも言えませんが、ざっくり計算してみます。

家賃5万の場合
5万×12か月=60万
⇒6,000マイル≒9,000コイン

家賃10万の場合
10万×12か月=120万
⇒12,000マイル≒18,000コイン

家賃20万の場合
20万×12か月=240万
⇒24,000マイル≒36,000コイン

100円=1マイルでコイン交換率1.5倍のざっくり計算ですが、家賃決済だけでこれだけ貯まります。

ポイント無期限のカード保有前提ですが、1人暮らしだったら3~5年寝かせるだけで東南アジア圏内のほとんどの国に行ける計算になっちゃいますね。

これから先はこれが主流になるかもしれない

業界最大手の大東建託だからこそ出来るサービスとは思いますが、他が手を倦ねて見守ってるだけでは、その差はどんどん広がってしまいます。

23区に限って言えば見渡す限りマンションが乱立…都心一局集中とは言え、この先は更に一段と供給過多が拡がる事間違いありません。

その割りを一番喰うのが大家で、その大家が一番困るのが空室のはず。となると生き残るには差別化は絶対必要で、その中にはこのクレジットカード決済のサービスも含まれる筈です。

他が更に追従する流れになってくれれば、我々消費者は願ったりですね!!

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください