マイル特典のメリット!!国内線は意外に高い、羽田~新千歳はマイル利用がお得!?

今日の東京、予想最高気温は35℃。
まだ梅雨もあけていないし、蝉も鳴いていませんが( ノД`)シクシク…

そんな日に札幌に参ります!!
まさに避暑地、仕事ですがモチベーション上がります(笑)

さて、今までANAマイルをSKYコインに交換する事ばかり考えていましたので、今回も余っていたコインを使用したのですが、今朝ふとマイル特典でも良かったのでは…と頭をよぎりました。

気になって調べたところやはり…今回の場合マイル特典の方がお得でした(泣)

羽田~札幌はレギュラーシーズンで片道7,500マイル

今回の札幌行きは中々予定が定まらず、初動の遅さに反省してます。

販売開始で購入出来れば20,000円位で往復出来ますが、前もって旅行の計画を立てない限り難しいのが現状です。

で今回は、往路は5月末に購入し14,690円、復路は1週間前の購入で32,590円でトータルで47,000円もかかってしまいました。
(SKYコインを使用し実際は41,000円)

一方、マイル特典利用だと今回の場合往復15,000マイル必要になってきます。

では、この必要マイルが割高なのか割安なのか、僕の場合そこが大事になってきます!!

片道7,500マイルを換算すると?

ここではスカイコインへの交換で換算してみますが、仮に交換率1,5倍とすると、7,500マイルは11,250コインになります。

一方、航空券は購入時期によって金額がかなり変わりますが、羽田~札幌の場合、レギュラーシーズンだと10,000~35,000円とかなり幅があります。

この2つを比較してみると、パッと見は羽田~札幌はマイルでの利用がお得です。僕みたいに前もって予定を立てにくい人だったら尚更です。

しかしながら、マイル特典でなければフライトマイルが貯まります。

羽田~札幌で貯まるフライトマイルは?

これはチケットの種類やメンバーステイタスによって様々なので一概に言えませんが、仮に500マイル貯まるとしたらコイン換算で750コインに相当します。

となると、7,500マイルに相当する11,250コインに750コインをたした12,000コイン=12,000円がボーダーラインになります。

逆に言うと、12,000円のチケットを購入して750円相当のマイルを獲得するので、11,250円相当がフライトの対価になり、これがマイル特典で必要な7,500マイルに相当するのです。

書いていて僕自身訳がわからなくなってきましたが、そういう事なんです(笑)

距離が近いと獲得マイルは少なくなるので、ボーダーラインは下がります。

結論としては?

一概には言えません(笑)

が、かなりざっくりですが、羽田~札幌間はレギュラーシーズンでは10,000~12,000円がボーダーラインとなると思います!!

チケット代金がボーダーライン以上だったら、マイル特典の利用の方がお得になります!!
ちなみに、羽田~札幌間と同じ601~1600区間だったら、他でも同じです。

となると、今回は往路も復路もボーダーライン以上…大失敗、完敗です(泣)

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください