「千と千尋の神隠し」早朝の九份(キューフン)の雰囲気!!台北からタクシーチャーターで行ってみる

九份(キューフン)は日本統治時代に金の発掘・ゴールドラッシュに発展した街で、映画「千と千尋の神隠し」の世界を味わえる不思議な町。

有名になりすぎて、狭い路地にひしめき合う人・人・人!!と言うイメージがありますが、実は早朝に行くと人っ子一人いないような雰囲気で、誰にも邪魔されないでその空間を楽しむことが出来ちゃいます。

1年ほど前になりますが、台北からタクシーをチャーターして行ってきたので紹介したいと思います!!

台北から4時間のタクシーチャーター

朝6時に起床し、6時半前には台北のホテルを出発。

特に予約とかはせずホテルのベルボーイに九份に行きたいと伝えたら、ホテル前に停車していたタクシー運転手に説明してくれました。料金は固定で、他の方のブログだと2500~3000元くらいみたいですが、正直覚えていません(笑)

まだ通勤前の時間帯なので台北市内を抜け出すのもあっという間、実際には九份へは30分ちょっとで到着しちゃいました!!

普段は町のりのタクシー
台北に戻ってくるまで計4時間のチャーター

現地に着くと、ドライバーが本人2台目の携帯を渡してくれて、リダイアルに番号を残すから帰るときに電話してくれと。こういうのは助かりますね!!

朝の7時過ぎから散策開始

当日は生憎の雨模様。山あいに位置するためちょっと靄がかってましたが、こればかりは仕方ない。

町自体はまだ活動前で、観光客のなかでも僕が一番乗りだったと思います。インスタ映えしそうな人がまったく写らない写真を何枚も収める事が出来ました!!

ここからスタート
まだ人っ子一人いません

奥に進みます

商店街を抜けると住宅街
山の斜面に所狭しに家が立ち並びます

三国志の関羽を祀っている聖明宮主祀

カオナシ発見(笑)

天候だけが悔やまれます

こんな写真が撮れるのも、この時間帯だけ!!

8時過ぎから人がパラパラと

この位の時間になると、商店も少しずつですが開き始め、観光客も見かけるようになりました。

1時間少し散歩しましたが、流石にもうお腹いっぱいなので喫茶店でモーニング。食後はお買い物をしながら帰路に向かいます!!

朝一に見つけた喫茶店から
9時過ぎの様子です

金柑のお店

9時半くらい、お店もだいぶ開いています

商店街の入口
セブンイレブンが目印です

降りた所まで戻ってドライバーに電話し合流。

帰りもスムーズで10時半前にはホテルに戻り、その後はチェックアウト、小籠包ランチ、午後便帰国と最終日を無駄なく過ごすことが出来ました!!

スポンサーリンク

まとめ

買い物も楽しみたい人には早朝の九份はオススメ出来ませんが、喧騒が苦手な人や静かな雰囲気で散策を楽しみたい人にはうってつけです!!

でも、本当のところは提灯が灯った雰囲気を楽しみたいですね(笑)

Hotels.com【海外・国内ホテル予約サイト ホテルズドットコム】

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください