お土産に最適!!アーユルヴェーダコスメや石鹸はシンガポールやバンコクで買おう

うちの家庭では、ここ数年来、石鹸やハンドクリームなどのコスメはインドのを使っています。

もともとはインドに旅行に行った際に、地元の雑貨屋で適当にお土産として買ってきただけなのですが、今では使った後の質感や香りなど自分好みの製品を使っています。

ただ、日本で購入するとなると、ネットなどでもその値段は数倍にも膨れ上がりますし、インドに行くチャンスなど滅多に訪れる事はありません。

しかしながら、インドに行けなくても、シンガポールやタイなどインド人が多く移住している国にはインド人街が存在していますので、そういう国に行った際に買いだめして、今ではうちの洗面所の棚はそのストックで一杯になっています(笑)

ここでは、シンガポールとバンコクでアーユルヴェーダの製品を購入出来る所を紹介します!!

アーユルヴェーダとは?

最近は日本でも割と知名度が出てきたアーユルヴェーダ。

サンスクリット語のアーユス(Ayus/生命)とヴェーダ(Veda/科学)を組み合わせた「生命科学」という意味で、病気になりにくい心と身体を作るという予防医学として、五千年の歴史をもつインド・スリランカ発祥の伝統医学です。

その考えに基づいて作られた無添加の100%植物性の石鹸や化粧品、それがアーユルヴェーダコスメと言われています!!

シンガポール・ムスタファセンター

シンガポールのリトル・インディアにある大型のショッピングセンターです。ガイドブックやシンガポール紹介サイトにも必ず掲載されていますし、コスメだけでなく、食料品、衣類アクセサリー、DVD、電化製品、香水、薬局、調味料、お菓子類、子供服など、とにかく取り扱っている商品の量に驚かされます!!

場所は「North East Line」の「Farrer Park」駅から5分位の所にあります。「Downtown Line」も走っている隣の「Little India」駅からリトル・インディアの雰囲気を楽しみながら行くのも良いかもしれません。道中はインド雑貨のお店やインド料理店などが立ち並んでいます。

バンコク・インディアエンポリアム

バンコクの中華街の隣にあるパフラットといわれるインド人街にあるショッピングモールです。こちらはどちらかと言うと生地やサリーなど服飾中心のデパートですが、1階に化粧品屋がありますので、そこでアーユルヴェーダの製品を買う事が出来ます!!

最上階にはフードコートもありますので、バンコクにいながらインド気分を味わえるかも(笑)

バンコクの有名な観光地でもあるエメラルド寺院やワット・ポーからも歩ける距離なので、観光ついでに立ち寄るのも有りかと思います!!

いま思うと、20年位前に遭遇した自称「ラッキーブッダ事件」、登場人物はインド系の人達だったような、、 舞台はこの辺なのかな?

ラッキーブッダ事件
【バンコク】【ラッキーブッタ】と検索するといっぱいヒットする大がかりな詐欺。今でもあるみたいですね(笑)

スポンサーリンク

うちのお気に入り!!

石鹸は「Chandrika(チャンドリカ)」を使っています。

成分には、若々しい肌作りに欠かせないビタミンE豊富なココナッツオイルをはじめ、肌を柔らかく潤すサンダルウッドオイルや、血行に働きかけるワイルドジンジャーなどのハーブを配合。

お香のようなアジアン風の落ち着いた香りで、洗ったあとは四十路の僕でも水を弾きますし、女性から良い香りとクンクンされる事もしばしば(笑)

何種類も試した中からついに出合った逸品!!海外に行く度にちょくちょく買い集め、今となっては何十とストックがあります(笑)

 

また、コスメは「Himalava(ヒマラヤ)」を使っています。

ボディクリーム・リップクリーム・洗顔フォーム・フェイスクスラブ・ボディミルクなど種類はいっぱい!!ベビーラインもあったりもします!!また、デリーなどの国際空港にも路面店がありますので、(以前は路面店があったが2018年3月時点で確認できず、、どうも改装中?)トランジット利用の際にも購入出来ます。

とはいえ、日本でも各サイトで手に入りますので、まずはお試し程度に是非手に取って体験されるのも良いかとおもいます!!

まとめ

そんな訳で、インドまで行かずともシンガポールやバンコクで手軽に手に入れられるアーユルヴェーダ製品。

お土産に買っていくと喜ばれる事間違いなし!!

 

「その他のシンガポール・マレーシア関連記事」

・簡単設定!!チャンギ国際空港で購入したSingtel Tourist SIMをマレーシアでも使用してみた

・意外に早い!?シンガポール・チャンギ国際空港からレゴランド・マレーシア・リゾートまでの行き方

・ホテルとウォーターパークとテーマパーク!!レゴランド・マレーシア・リゾート 滞在記

・配車アプリUber(ウーバー)!!シンガポール体験録

・日本にない韓国発コスメ「イニスフリー(Innisfree)」シンガポールやバンコクで買ってみよう

スポンサーリンク

コメントお待ちしています!

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください